fbpx

筋膜リリース・筋膜調整ってなに?

当院は「筋膜施術」に特化した整体院です。
筋膜を整えることで、体を変えていきます。
最近では、
・筋膜リリース
・筋膜ほぐし
など、TVやメディアでも取り上げられるようになってきましたが、いまいち分かりづらいですよね?
簡単にではありますが、当院の施術についてお伝えします。

目次

1:筋膜とは何か?

2:筋膜を調整する意義は?

3:筋膜調整をするにはどうすればいいのか?

4:筋膜調整って信用できるの?

1:筋膜ってなに?

実は、「筋膜」は最近まで研究が進んでいませんでした。
「筋膜」はまだ研究され始めてから歴史が浅い組織です。

簡単に言うと、「全身に張り巡らされた薄い膜のネットワーク」です。
神経や血管系と並んで、3大ネットワークの一つとして捉えられています。

「神経系・血管系・筋膜系」

全身に張り巡らされているので、筋肉や骨だけでなく、内臓や血管・神経など、様々な器官・組織と繋がっています。
今まで「解剖」と言うと、その筋膜を剥がした状態からの研究だったので、注目されてきませんでした。
それが見直されており、現在は「身体を支えるための第二の骨格」とまで言われています。

筋膜を構成するものは、主に

・コラーゲン繊維
・エラスチン繊維

からできており、何層にも重なった状態で動いています。

筋膜があるおかげで、筋肉同士や、筋肉と血管・神経などが互いに干渉しすぎることなく動くことができています。

2:筋膜に対してアプローチすると、どういう効果があるのか?

いい状態の筋膜は、組織同士の動きを干渉しないように潤滑油的な役割をしています。
しかし、日常生活の癖や、座りっぱなしの姿勢、運動不足などにより、筋膜は水分を失い凝り固まってしまいます。

それを「筋膜の高密度化」と言います。

その状態になると、筋肉同士や筋肉・神経・血管などの動きが悪くなってしまうため、

1:痛み
2:筋力低下
3:関節の動きの制限
4:身体の位置感覚の低下
5:バランス機能の低下
6:パフォーマンスの低下

などが生じてしまいます。

そのため、日常生活を快適に過ごすため、痛みを予防するためには、筋膜を常にいい状態に「調整」しておく必要があります。

3:筋膜を良い状態にするにはどうすれば良いのか?

筋膜の状態を回復する。
つまり、筋膜の高密度化を解消するためには、

・温める+ほぐす

ことが重要です。

そしてそれよりも重要なことは

「筋膜の高密度化が生じているポイント」に実施すること。

ローラーなどを使って、ゴリゴリやっていても、「ポイント」がずれていると意味がありません。

そのため、専門家が手で筋膜調整をすることがベストの方法となります。

4:筋膜調整って信用できるの?

筋膜調整は
「信用できるのか?」

今までなかった「治療手技」なので、いまいち胡散臭さがありますよね。
しかも流行に乗って、いろいろなアプローチ方法が出てきてしまっています。

当院は、
イタリアの医師・理学療法士が研究を進めている手技であり
最近はどんどん効果があるという論文が出ています。

「身体最大の系である筋膜系は、他のすべての系と接する唯一の組織」
Pischinger, 2000

「筋膜リリースが血管内皮機能を改善し、動脈硬化を軽減した」
Acute Effects of Self-Myofascial Release Using a Foam Roller on Arterial Function 
Takanobu Okamoto  J strength Cond Res 2014

「Role of Fasciae in Nonspecific Low Back Pain 非特異的腰痛に対する筋膜の役割」
Gulia Casato  Carla Stecc  2019

このように、近年になればなるほど、詳細なデータが発表されております。

このように世界最先端の研究を発表している「筋膜マニピュレーション協会」の国際的な認定セラピスト
が施術しております。

現在、

  • 痛みを改善するための筋膜の施術に興味をもっていただいた方
  • 他の治療法をいろいろ試したけど、症状が改善しないという方
  • この痛みをなんとかしたいという方

のお力になれるかもしれません。

ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。