fbpx

ダイエットのために必要な運動とは?

ダイエットで運動をする前にチェックするべき点

「ダイエットをしたい!!」
という方はかなり多くいるとお思います。

最近では、
「仕事ができる男は筋トレを行う」
「40代からのボディメイク」

など、「身体つくり」を行うべきのような流れがありますよね。

実際、「ダイエットをしたいから来院した」という方も多いです。
そこで、簡単なダイエット方法をお伝えしたいと思います。
その前に、
「運動をする前に気をつけるべき点」をお伝えします。

ダイエットで運動をする前にチェックするべき3点

ダイエットするぞ!となると
「さぁ走ろう!」となりますが、実際ランニングは「ダイエット」という意味ではオススメしません。
確かに大切なのですが、「慢性的な炎症を抑えるため」に重要なのであって、急激に体重は減っていきません。
あくまで長期的な減量効果がある感じですね。
そのため、慌てず、以下の3点をまず気にしていましょう。

1:食べるものには気を使っているか?

「なんだ、知っているよ」という声が聞こえてきそうですが…
単純にカロリーを減らせというわけではありません。むしろカロリーは気にせず、
「加工食品」と「パン」
を気にしましょう。

この2つを減らすだけで、だいぶ体重・体調が変わってきます。
「オンラインでのダイエット相談」では、まずこれを変えてもらっていました。
それだけで効果が出たという方が半分以上いました。そのくらい体重に大きな影響を与えています。

2:身体は硬くなっていないか?

「身体が硬い」
これだけで痩せずらい体質と言えます。
例えば、「ハムストリングスの硬さ」
ハムストリングスと言われてもピンとこないかもしれませんが、
「前屈で床にてが届くかどうか?」の指標となる筋肉です。
ここが硬いと、日常生活で歩いているときに「腰がグネグネと」動きすぎてしまします。
体幹の筋肉は「腰を安定させる筋肉」
ここが動いてしまうということは、慢性的に体幹の筋肉が使いづらくなってしまっているということです。
この状態のままトレーニングしたとしても…効果は薄いですよね。
前屈をできるようにするにはどうすればいいのか?という動画もあるので、そちらを参考にしてみてください。

3:姿勢は悪くなっていないか?

2の「身体が硬くなっていないか?」と似ているのですが、
「そもそもの姿勢が悪くなってしまっている」状態ですと、体幹の力は入りません。
普段の生活で、「地球からの引力」が常にかかっている状態です。
つまり、常に潰される方向に力がかかっています。
それに対抗するのが、「抗重力筋」であったり、「体幹部の筋肉」になります。
体幹のインナーマッスルは
・骨盤底筋群
・横隔膜
・多裂筋
・腹横筋
と呼ばれる主に4つの筋肉が協同して働いて、身体を支えています。
そもそも「正しい姿勢がわからない」という方もいると思うので、動画を参考にチェックしてみてください。

まとめ

今回は、「ダイエットのための運動の前にチェックするべき3点」をお伝えしました。
要は、「身体の機能がしっかりと働いているのか?」
それが低下した状態でダイエットしても効果を出すのは難しいでしょう。
それが「ダイエットの難しさ」なのかもしれません。

当院では、期間限定で「約7割引」での
「最新AIによる姿勢チェックと改善のための運動指導」
を行っています。

詳細はこちら
https://cocokarada.org/event-since-31/

・なかなか痩せられない
・産後、スタイルが戻らない

などお悩みの方はぜひご参加ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。