fbpx

産前産後、骨盤ベルトはするべきなの?

妊娠中・産後に骨盤ベルトはするべきか?

「骨盤ベルト」
トコちゃんベルトが有名ですが、最近では病院で薦められることも増えてきています。

よく聞かれる質問で、
「骨盤ベルトしたほうがいいですか?」
「骨盤ベルトすると筋力が落ちると言われましたけど…」

がありますので、お答えしていきます。

「骨盤ベルトはしたほうがいいですか?」…はい!

骨盤ベルトは
「骨盤を支える役割」
をしてくれます。

上の写真が骨盤ー股関節の絵になります。
白い部分は靭帯です。
妊娠するということは、下の写真の状態になります。

よく言われる
「骨盤が歪む」
というのは、「骨」が歪むのではなく、胎児がいることによる圧迫や、出産時の刺激により、「左右の骨盤の位置」にズレが生じるということです。

 

出産に向け、靭帯が緩む

なぜそう言ったことが起きるかというと、
「出産のために、靭帯が緩む」
ために生じます。

大きくなった赤ちゃんが生まれてくるためには、左右の骨盤が開く必要があります。

これは生理的な現象で、異常な状態ではありません。
そして、出産後、ゆっくりと靭帯に「硬さ」が戻り、骨盤帯が元の状態に戻っていきます。

昔は、おばあちゃんと一緒に住んでいる家庭が多かったため、ママはゆっくり休めました。
現代では、
産後の緩んだ骨盤状態のママが、
・家事
・育児
・仕事
までこなすことが多くなっています。
そのゆるい骨盤を支えてくれるのが、「骨盤ベルト」になります。

本当に怖いのは、「産後、靭帯が硬くなる」ということ

産後、緩んだ靭帯が硬くなっていくのは、
「生理的に必要な現象」です。
緩いままだと「不安定な関節」となってしまい、痛みや怪我の原因となってしまいます。
いい位置で硬くなってくれればバッチリです。
しかし、無理して動きすぎてしまった場合は、「ズレてしまった位置」のまま硬くなってしまうことがあります。

それが、産後の
・ぽっこりお腹
・たるんだお尻
・痩せない太もも
の原因となってしまいます。

そうならないためにも、出来るだけ「骨盤ベルト」の力を借りて、なるべく休むようにしましょう。

もう遅いよ!という方は

とは言っても、もう産後結構時間立っちゃったけど…
という方は、
「姿勢」「股関節の硬さ」
を見てみましょう。

関節の動きは
「柔らかい場所が動く」
という原則があるため、
動いていけない場所<動いて欲しい場所
の動きを作れれば、骨盤の左右さもなくなってきます。

・ダイエットしてもなかなか効果が出ない
・ぽっこりお腹が解消されない
・お尻が垂れたまま
・太い足が解消されない

とお悩みの方は、まずは姿勢を確認してみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。