fbpx

カエル足ストレッチがうまくできない時にすること

カエル足ストレッチがうまくできない時にやるべき運動

カエル足ストレッチという運動が話題みたいですね。
「カエル足ストレッチができるようになりたい」という希望を聞いて、初めて知ったのですが、たくさんyoutubeなどにもなっていてビックリです。

カエル足ストレッチは

「とても有効」

股関節がネックになっている人が多く、特に女性の場合は、股関節がうまく働いていないために

・痩せづらい
・太ももが太ってしまう
・姿勢が悪くなる
・膝が痛くなる

などの影響があります。

ですが、問題もあります。

カエル足ストレッチの問題点とは?

カエル足ストレッチは「有効」と先ほどお伝えしましたが、結構負荷が強いのが問題です。
特に

「股関節が硬い人」

においては、かなり高負荷となってしまいます。
さらに、カエル足の姿勢になろう!と頑張り過ぎてしまった結果、

「股関節でなく、膝が捻れている状態」

になっている方がいらっしゃいました。

そこで、

「カエル足ストレッチをやる前にやるべき運動」をまとめたので、ご覧ください。

カエル足ストレッチをする前にしておくべき準備運動

1:股関節の位置をできるだけ修正しておく

股関節は日常的に
「関節の位置がずれやすい関節」
です。

ズレがそれほど大きくなければ問題ないのですが、大きくずれていると(前方にズレることが多いです)カエル足ストレッチで体重をかけると、前面組織を痛めてしまう危険性があります。
それを防止するために、まずはチャイルドポーズから行いましょう。

動画内でも紹介しておりますが、

①四つ這いになり

②お尻を踵に近づけていく

だけのシンプルな運動です。

股関節の力を入れないで、「股関節を曲げる運動」を行うことで、関節のズレの修正を図っていきましょう。

2:お尻〜太もも横の筋肉をストレッチしておく

これは「チャイルドポーズ」と並行して行ってほしい運動です。

股関節は「前方にずれやすい」
それが続くと、お尻周りの筋肉・組織が硬くなってしまいます。
硬くなると、さらに前方へ押し出されるという悪循環…

①足を伸ばして座り

②膝から下を手で抱え

③軽く揺さぶります

股関節の後方の組織を緩め、チャイルドポーズで股関節を後方へ動きやすくしていくことで、関節の位置をさらに修正していくことができます。

3:股関節の前側の筋肉を伸ばしておく

カエル足ポーズを取るためには、太もも前側の筋肉が柔らかいことも大切です。

半分鳩のポーズなどを利用して、
「軽く」
太ももの前側を柔らかくしておきましょう。

まとめ

最近話題の
「カエル足ストレッチ」

とてもいい運動なのですが、いきなりその運動を行うとハードルが高い人もいます。

まずは運動を適切に行うための準備をするために、コツコツ体づくりをしていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。