fbpx

脊柱管狭窄症でやってはいけない運動とやるべき運動

腰部脊柱管狭窄症と診断された時にやってはいけない運動とやるべき運動とは?

「腰部脊柱管狭窄症」

実はかなり多くの人に見られる症状です。
気がついていなくても、潜在的にその症状を持っている人が多くいるようです。
以前、当院のyoutube動画でアップさせて頂いたのですが、好評を頂いたので記事でも説明させていただきます。

解説動画

運動動画

まず
『腰部脊柱管狭窄症』はどんな疾患かということを知らなくてはいけません。

腰部脊柱管狭窄症の特徴は?

腰部脊柱管狭窄症は、漢字が多くて難しそうなのですが、

「腰部」の
「脊柱管」が
「狭窄」する
という名前の通りの疾患になります。
脊柱管とは、神経が通っているトンネルのようなものです。そこが狭くなると神経が圧迫されやすくなります。
腰部の骨である「腰椎」はやや前弯(反っている)しているため、立っていたり、歩いていたりすると症状が出やすくなります。*反りやすくなるため
「間欠性跛行」と呼ばれる、
「辛くなったら、身体を屈ませて休めば楽になり、また歩ける」という症状が特徴的です。

脊柱管狭窄症になったら運動はしていいのか?

もちろんした方がいいです。
人間は運動をして、筋肉を強化、感覚を鋭くすることで身体を守ることができます。
しかし、適切な運動と適切ではない運動があり、そこを理解して運動を進めていく必要があります。

腰部脊柱管狭窄症でやってはいけない運動とは?

先述したように、「腰を反るような動作」は行わない方が良いです。
できるだけ「脊柱管を狭窄させない」ことが重要になります。
運動としては、腰を反らないようにコントロール、そのまま股関節を動かすことが大切です。
しかし、負荷が強すぎると逆に「腰を反ってしまう」可能性が高くなってしまいます。

*イメージが難しい場合は、動画をご覧ください

具体的な運動として、

・太ももの前側をストレッチする運動
を仰向けや、片膝立ち、片足立ちで行うと、うまく行かずに腰を反ってしまうケースが多く見られます。

難しい運動から行わずに、できるだけ簡単な運動から行っていくことが大切です。

脊柱管狭窄症でまずやるべき運動は?

「腰を反らないで股関節を動かす」という原則は一緒です。ちょっと工夫をして、「腰を反りづらい状態」にしておいてあげます。

例えば

・仰向けで寝て片膝を抱える
*反対の股関節が伸びている

・チャイルドポーズをとる
*股関節は伸びてはいないが、関節の位置が戻りやすい

などを行うようにします。

身体のコントロールは一朝一夕では上手になりません。コツコツ癖を修正して、うまく操作できるようにしていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。